Loading

時代を超えて伝える私達の鈑金塗装フィールド

私たちSANSHINは、鈑金から塗装までコンピューター制御による最先端のマシンと溶接ロボットを駆使し、一貫した生産体制のプロ集団です。
主に操作盤、制御盤、配電盤、分電盤などのコントロールボックスの設計から製造加工をフィールドとしています。
アルミやステンレスなどの一般製品から航空・宇宙関連機器など、日本が誇る高度な技術と熟練した職人がお客様のご要望を100%実現いたします。

1962

日本の経済が高度成長期に向かって邁進し始めた当時、昭和37(1962)年、私たちの会社は名古屋市瑞穂区の住宅地に塗装を生業とする三進化学工業株式会社として僅か3人でスタートしました。
当社の商標である「SANSHIN」は、この創業時の社員数に由来するものです。その主な仕事は道路標識のポールへの塗装でした。

SANSHIN物語
CONCEPT

会社を成長させるためには、自分たちの仕事を大切にし磨きをかけること。お客様を大切にすること。そして人と人とが支えあって育まれる社会に恩返しの心で貢献していくこと。
そのためにも単に受注したものを形にするのではなく、工夫やアイディアをプラスして創造力豊かなモノづくりを目指しています。

企業理念
QUALITY

世の中には鈑金を専門とする会社は数多くあり、また塗装を専門とする会社も数多くあります。ところが、周りを見渡しても鈑金から塗装までを請け負える会社は多くはありません。
SANSHINにとって鈑金塗装の高い技術力に裏付けられた一貫生産は大きな強みです。より速く、より低コストに効率化への限界に挑戦しています。

一貫生産

Metal Field With Nagoya

日本トップクラス 中京工業地帯の中心に君臨する名古屋から「どんな依頼も自在に操る創造力」で対応します。
宇宙が無限に広がり、新しい星が生まれているように、よりよいモノ作りをするためのテクノロジーにも常に新しい閃きがあり追求に終わりはない。
艶やかな表情、造形の自由性、優れた耐久性、素材としての金属の可能性に魅せられプレス加工技術を磨き続けてきた三進製作所。
様々な物質に彩りを与える「塗料」、物質を腐食や変質から保護する「塗料」。
塗料の機能を最大限に生かすための研究努力を重ねてきた三進化学工業。
二つのプロフェッショナル集団の技術を結集し、オフィスでの受注から設計、プレス、塗装、発送に至るまで、管理統括されたネットワークシステムが、どんな依頼も自在に操る創造力を産み、エコノミー・オブ・スコープ(多種少量生産を効率的に行うこと)を実現する礎となりました。
私たちは「幅広い加工」と「低コスト」という時代のニーズに応え、確かな技術で護り彩られた小宇宙を出現させたいと考えます。

SANSHIN VIDEO

プロモーションビデオ- METAL TECNIQUE JAPAN QUALITY -
三進化学工業株式会社(愛知県名古屋市)は、鈑金加工から塗装まで組み立てまでコンピューター制御による最先端のマシンと溶接ロボットを駆使し、一貫生産体制の精密鈑金製造を行っている。
日本が誇るベンディング加工のプロとしてリーディングカンパニーを目指します。

本社新工場新設

2018[平成30]年9月|名古屋市天白区本社に新工場を新設。
最新の技術を駆使し、皮膜処理、塗装などの表面加工、焼き付け乾燥、組み立てまでよりスピーディで効率的な生産が可能となった。また、自社開発のスイッチレールを採用し、ラインの変更にも柔軟に対応、工程の大幅な時間短縮を実現。これにより他社より約半分のスピードを誇ります。

東海市 名和工場

2012[平成24]年|三進化学工業(株)創立50周年。
愛知県東海市三ケ月に名和工場を新設、太陽光パネルのフレームの製造開始。
最先端の機械の導入によって、私たちの活躍のフィールドは確実に拡大しようとしています。

精密鈑金加工 製造

「秘められた技を紐解く職人の晴れ舞台」
受注した仕事内容は直ちに自社のパソコンを使ってデータ化。社内LANシステムによって、受注内容、部品発注、在庫管理、出荷管理などのデータベースと連動しています。
妥協のない職人の思いと研ぎ澄まされた感性が宿る私たちの鈑金フィールド。すべてはお客様のためにクオリティを高めています。

鈑金塗装へのこだわり

「製品に美意識を込めた創作の世界」
金属製品の塗装から始まって約半世紀。SANSHINの塗装工場には、長年にわたる経験に基づいた高度な技術とノウハウが息づいています。
独自の化成処理装置の導入により、約3トンにも及ぶ2種類の配合薬剤で洗浄、細部に至るまで塗装の精度を高めます。
この仕上がりの落ち着きは心に刻まれた鈑金への歴史と、熟練した技術の極みです。

遊園地、公園遊具の製造

変幻自在にモノを操る弊社ならではの技術を活かし、アミューズメントの分野でもアイディアをカタチにしてみませんか?
子供や人が手に直接触れ、安心安全面が重視される遊具に滑らかな質感は欠かせません。
緻密な設計と確かな技術があるからこそ、何気ない楽しいひと時を過ごすことができるのです。

交通設備、駅ホームドア ホームゲート

新幹線、電車、地下鉄の安全を確保するホームドア、ホームゲートの設置が推奨されています。
SANSHINは日本トップクラスの製造メーカーとして、一貫生産体制による高い技術力で低コスト、スピーディな納品を実現いたします。駅 ホームドア、ホームゲート製造 設置の事なら三進化学工業にお任せください。

特殊車両メンテナンス事業

高所作業車、工事車などの特殊車両のカスタマイズ、メンテナンスの施工を請け負います。操作盤、工具箱・収納箱を装備し、抜群の汎用性と効率化を実現できます。人に優しい安全な車両を目指し、機械化車両で「作業環境創造」に貢献します。SANSHINの技術を車両という分野でも提案していきます。
*株式会社アイチコーポレーション指定工場(明生特機)

パラスノーボーダー 小栗大地選手

当社 三進化学工業(株)に所属するパラスノーボーダー 小栗大地氏は2018年 韓国(平昌)で行われたパラリンピックに日本代表として大会に参加。夢に向かって風を切り、颯爽と滑りぬける小栗氏はまさにJAPAN PRIDE 日本の星。
2018 平昌冬季パラリンピック – PyeongChang 2018
大会期間: 2018年3月9日~3月18日
*男子バンクドスラローム(LL1) 6位 / スノーボードクロス(LL1) 7位

HIGH-TECH SYSTEM

最新機器一覧

洗練された一流の技術がここにある

生産システムトップ