高反射材や難鋼材の加工にも対応。
高効率な生産性を実現するために、ファイバーレーザー複合マシンを導入しました。

ファイバーレーザー複合マシン アマダLC2515C1AJ

三進化学工業 鈑金加工 アマダ ファイバーレーザー複合マシン
レーザー加工機は、外周を切断するスピードに優れており、パンチングマシンは小径穴の加工や成形に優れたパワーを発揮します。SANSHINでは、それぞれのマシンの利点を活かした機械鈑金(精密鈑金)を実践するとともに、2015年にはアマダ社のファイバーレーザー複合マシンを導入。この一台のマシンによって「あける・切る・成形する」の各工程を統合し、高効率な製品づくりを実現しています。
たとえば、超高速レーザーによる薄板の切断をはじめ、このマシンを稼働すればタレットパンチ機能(通称タレパン)による穴あけ加工もなんなくクリアー。従来のCO2レーザーでは困難だった高反射材などの加工も安定しています。
このほかSANSHINでは、レーザーとタレパンの双方を活かした高度な複合加工もOK。加工速度も速いので、お客様のご要望にスピーディーにお応えできます。
三進化学工業 鈑金加工 レーザー加工
三進化学工業 鈑金加工 レーザー加工

パンチングマシン アマダEMK3510NT

三進化学工業 鈑金加工 アマダ パンチングマシン

炭酸ガスレーザー加工機 アマダLC1212A3NT

三進化学工業 鈑金加工 アマダ 炭酸ガスレーザー加工機

バーリング加工

鈑金製作にパーリング加工は必要不可欠です。極めて薄い板材の場合、そのままではネジ山を確保できないので、パーリング加工をしてからネジ山を作ることになります。
SANSHINでは、ファイバーレーザー複合マシンに専用の金型を取り付けて、上からブレスしながらバーリング加工をしています。また、タッピングビスなどを使用する場合には、バーリング径は特殊なサイズになってきますが、
SANSHINではどんなサイズにも柔軟に対応します。
三進化学工業 鈑金加工 バーリング加工

Vカット加工

Vカットとは、曲げた部分の外Rを小さく(角出し)するために、ワーク曲げ線上(裏面)にV型の溝を入れる加工方法です。「ブレーナー加工」とも呼ばれ、この加工は意匠的に外観を重視する製品に向いています。
従来は、シャーリング+Vカット+パンチングの複合加工を行っていましたが、SANSHINでは、レーザー複合マシンの導入によって、これらの複合加工をこのマシン一台で実現。
Vカット専用のマシン制御とプログラムソフト(AP100)によって、複雑なノウハウを必要としないオペレーションを実現します。

三進化学工業 鈑金加工 Vカット加工
三進化学工業 鈑金加工 Vカット加工

バリ取り

レーザー加工で発生するドロス(材料の溶け残り)やブレス加工で発生するバリ(材料の角にできる突起)を削り取る工程です。
加工後のバリ・ドロスが残っていると後工程の加工精度に影響したり、塗装や溶接不良などを引き起こす原因となるので、バリ取りは高密度な製品づくりの基本とも言えます。
三進化学工業 鈑金加工 バリ取り

バリ取り機 メタルエステME-2307

三進化学工業 鈑金加工 バリ取り機