効率化への限界に挑戦

私たちの業界では、それぞれの工程ごとに専門分野が特化していて、鈑金加工は鈑金業者に、また、塗装は塗装業者に仕事を発注するのが一般的となっています。
そのため、どうしてもコストが割高になり、生産日数もかかってしまう。また、責任の所在なども、ともすれば曖昧になってしまいます。周りを見渡してみても、設計から鈑金加工、塗装を経て、納品までを請け負える会社はそんなに多くなく、やはりSANSHINにとって、鈑金塗装の一貫生産体制は大きな武器であると改めて実感したのです。

私たちは、大阪万博が開催された昭和45(1970)年に鈑金から塗装までの一貫生産体制の導入を決意しました。
アジアで初めて国際博覧会・大阪万博が開催され、日本中が活気に溢れていた頃、私たちの会社はさらなる安定化を図るために、新たに鈑金加工を専門とする「株式会社三進製作所」を設立。
鈑金から塗装まで自社内ですべて請け負える一貫生産体制を導入し、製品の品質向上とスピードアップ、そしてコストダウンにも柔軟に対応してまいりました。
三進化学工業 鈑金製造加工 鈑金塗装 制御盤 操作盤

 

創造価値への挑戦

私たちを取り巻く環境は、日々刻々と変化しています。また、近年はお客様のご要望もますます多様化しています。今やどんなモノづくりも、品質が良いのは当たり前。
「多品種・小ロット・短納期」などへの対応も、お客様から厳しく求められるようになってきました。
こうした中でSANSHINはいち早く生産工程の合理化・効率化を積極的に推進し、他に先駆けて先端マシンを導入するなど、近代的で働きやすい生産工場の環境づくりに努めてまいりました。
三進化学工業 鈑金製造加工 鈑金塗装 制御盤 操作盤

経験を重ねるからこそ見えてくるステージへ

三進化学工業 鈑金製造加工 鈑金塗装 制御盤 操作盤
製造工程における作業者のスキルアップを図りながら、高品質な製品をより速く、より低コストで提供していくための工程管理を徹底化しました。
SANSHINにとって鈑金塗装の高い技術力に裏付けられた一貫生産は大きな強みです。より速く、より低コストに効率化への限界に挑戦しています。
記憶に残る鈑金製品づくりを目指して、私たちは秘められた技を解き放ち、職人としての心意気をお客様に誠心誠意サポートしてまいります。