図面をもとに最適なプログラムを作成。
それらの情報は各工場で一元管理しています。

お客様から頂いた図面データをもとに、SANSHINでは2次元CAD/CAM、3次元CAD/CAMを駆使して、最適な加工用プログラムを作成しています。
これらのデータは、社内LANシステムによって、リアルタイムに各生産現場のマシンに転送。それぞれの担当者は、作業指示書のバーコードに従って、必要なデータを読み取り、円滑に作業を進める仕組みになっています。
三進化学工業 CAD 鈑金加工 制御盤 操作盤 製作製造 塗装 組立

また、受発注に関する情報は、各工場(本社工場、名和工場)ごとに一元管理。生産情報(図面・見積り・受注・進捗・出荷)から加工状況(3次元モデル・三面図・展開図・各種加工データ)
まで、すべての情報をトータル的に管理しています。このような生産体制をとることで、ミスやトラブルなどを未然に防ぎ、それがSANSHINの品質向上にも大きく繋がっています。
三進化学工業 鈑金加工 制御盤 操作盤 製作製造 塗装 組立

提供を受けた3Dデータ

三進化学工業 鈑金加工 制御盤 操作盤 製作製造 塗装 組立

3Dデータから2Dデータを作成。それを使用し展開図を作成

三進化学工業 鈑金加工 制御盤 操作盤 製作製造 塗装 組立

CAMによって加工機用にプログラムデータを作成

三進化学工業 鈑金加工 制御盤 操作盤 製作製造 塗装 組立