加工制限のあった深曲げを可能にし、多様なニーズにフレキシブルに対応したネットワーク対応型 エコベンディングマシンを導入。

ネットワーク対応型エコベンディングマシン アマダHD-1303LNT

三進化学工業 鈑金加工 エコベンディングマシン

ベンディングマシン アマダFBD-1253NT

三進化学工業 鈑金加工 曲げ加工 ベンディングマシン

ベンディング(ブレーキ)とは、パンチングやレーザー加工を施したワークを、それまでの平面から3次元形状(立体)にする「曲げ加工」です。
鈑金工程の中で最も技術を要する加工で、機械鈑金(精密鈑金)で豊富な経験を持つSANSHINにとってまさにこの工程は腕の見せどころ。
2015年に導入したネットワーク対応型エコペンディングマシンなどを使いこなして、スタンダードなL曲げや箱曲げはもちろんのこと、これまで加工制限のあった深曲げにも柔軟に対応しています。
三進化学工業 鈑金加工 曲げ加工 ベンディングマシン

三進化学工業 鈑金加工 曲げ加工 ベンディングマシン

小物から大物まで、薄板から厚板まで、あらゆるお客様の多様なご要望に対応。
板厚は0.4ミリから、6ミリまでOK。基本的に金型は、サッシ形状、ダースメック、バーリングの3種類。
曲げの形状もV曲げ、R曲げ、U曲げなど、加工能力を大幅に拡げています。
何よりも経験がモノを言うこの工程。SANSHINでは、ベテランのスタッフが責任を持って、お客様のご要望にお応えいたします。
三進化学工業 鈑金加工 曲げ加工 ベンディングマシン

三進化学工業 鈑金加工 曲げ加工 ベンディングマシン